みやこやスタッフブログ 振袖について

万能の美しさ「黒振袖」

 

こんにちは。スタッフKです。

日差しが日に日に強くなり、木々の緑も濃くなってまいりました。梅雨や夏を感じさせるような気候が始まっています。皆様お元気にお過ごしですか?

以前のブログでは、振袖の試着時のアドバイスとして、色と柄選びのお話をさせていただきました。お嬢様の振袖選びは順調にお進みでしょうか?

一生に一度の大切な日のお召し物に、悩んだり迷ったりする時間が、ご家族にとって幸せなひとときになっていただきたいと思います。

 

さて、皆様は「振袖の色味」言われて、思い浮かべるのはどのような色味でしょう?

凛とした赤地、優しげな印象のピンク地、キリッとした雰囲気の青地のように、鮮やかな色味を思い浮かべる方が多いかと思います。

そんな中で、今回是非とも知っていただきたい「色振袖」、それはズバリ「黒振袖」です。

「黒振袖?なんだか地味なのでは?お祝いの席にもふさわしいもの?」と感じられる方もいらっしゃるでしょうか。

今回は、ベーシックが故に、すぐには候補に挙がらないかもしれない?「黒振袖」の魅力を、熱く語っていきます。

 

 

「黒振袖」のイメージは?

 

普段着では、「組み合わせやすい」「スッキリ着こなせる」「無難な色」として、世代を問わず重宝される「黒」ですが、振袖となるといかがでしょうか。

良いイメージは「大人っぽい」「高級」「凛としている」、マイナスイメージは「暗い」「孤独」などが挙げられることもあるのでは。祝い事である成人式の振袖となると、すぐに候補に挙げられることは少ないようです。

 

「黒振袖」は万能!

 

 

赤は「魔除け」を意味し、白は「無垢」「清楚」を意味することもあり、また縁起の良い色として、常に人気を集めます。

黒の持つ「重厚で高級」な雰囲気に、描かれる吉祥模様の組み合わせは、地が黒だからこそ実に見栄えがします。

他の色味とは違って、流行に左右されない美しさがあります。

着物のベースとなる色の割合や、柄の描き方や配置、クラシックにも、モダンにも、クールな印象にもキュートな印象にもなります。成人式では人とは違った着こなしをしたい。大人エレガントに仕上げたい、と思われる方には、断然黒をお勧めしたいと思います。

フォーマルな場での一着としても重宝しますので、成人式に限らず、結婚式など今後の慶事の場にも着やすいことも魅力の一つ。

今もこれからも常に色褪せない黒振袖は、「最強の振袖」とも言えるのではないでしょうか?

 

 

みやこやの「振袖コレクション」ページは必見!

 

みやこやのホームページ内で、数あるみやこやの着物を「雰囲気別」「色味別」に検索できる「振袖コレクション」というページをご存知でしょうか?

振袖ごとに全身の写真を収めており、着物の色柄やコーディネートをじっくり観察できますので、振袖選びの際、イメージを膨らませるのに大変便利なページです。

この中に「緑・黒」の着物を集めたページもあります。黒地に、桜や菊、松など古典的な赤い文様を施した「クラシカル&エレガント」。黒地に、白・墨色の菊や牡丹の文様が大きくあしらわれた「クール&モダン」な振袖など、「黒振袖」の幅広い魅力に、改めて心を奪われます。

このページは、髪飾りや草履、ヘアメイクも大変参考になります。黒振袖場合は文様の一部に効かせている色(赤や白が多いようです)を、髪飾りにもポイントとして取り入れることで、全体のバランスがぐっと引き締まります。

 

 

「リトル・ブラック・ドレス」のように

 

 

オードリー・ヘプバーンが、映画『ティファニーで朝食を』で身につけていた、黒いジバンシイのドレス。ココ・シャネルのポートレイト。と言えば、思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

黒一色で装飾の少ないドレスを指し、フォーマル、パーティ、お洒落着と、シーンを選ばず身につけられ、女性の魅力を引き立たせる装いのことです。祖母から母へ、母から娘へと代々受け継がれることも多く、欧米では女性の必需品ともされています。黒い装いには、そんな意味合いもありますね。

思い起こせば、筆者が成人式で着たのも、「黒振袖」でした(以前のブログでも書かせていただきました)。

黒地に大きな矢絣模様で、赤、青、黄色の筋が利いた着物。

黒だからこそ模様や色が一層映えて実に美しい一着でした。

そして、成人式会場でも黒を選んでいた人は少なく、「自分だけの装い」ができたことも誇らしかったのを思い出します。

成人式の後には家族の結婚式でも着用しましたが、不思議なことに、二十歳のときには「大人っぽく」、年を重ねてからは「堂々と溌剌と」した雰囲気の着こなしになりました。

同じ人物同じ着物でも、人生のステージに合わせて、万能に活きてくる「黒振袖」。色流行り廃りがないそのおおらかさ、着回しの良さに感心したものです。

(私にも娘ができたら、ぜひ譲り受けてもらいたいと思っています。)

 

いかがだったでしょうか?

実は一番着こなしやすい「黒」。色選びに迷われている方にこそ、ぜひ一度「黒振袖」を候補に入れていただきたいと思います。

 

**********************

みやこやでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底して行なっております。

お客様の健康を第一に考え、ご来店の際は事前のご連絡をお願いしております。

混雑しないよう店内の人数を調整するため、お時間の調整をお願いする場合がございます。予めご了承ください。

>>ウェブから来店予約する[24時間受付中]

>>電話をかける
・足利店 0284-70-6788(年中無休)
・太田店 0276-30-3399(火・水定休)

>>問い合わせから質問する

みやこやは栃木県足利市、佐野市、群馬県太田市、館林市など両毛地区から多くのお客様にお越しいただいております。
成人式の準備や振袖の前撮り撮影に関するお手伝い、着物に関するご相談は、老舗の着物専門店みやこやへお気軽にお声がけください。

**********************