みやこやスタッフブログ 振袖について

【青色・水色の振袖】日本人と生活を共にした色

まだまだ暑い日が続いていますが、皆さんどうお過ごしですか?

夜になると秋の虫の鳴き声も聞こえてくるようになりましたね。
9月に入り、今年もあと4ヵ月。成人式も近づいてまいりました。振袖はもう決まりましたか?

今回は、最近成人式で人気が出てきた、青と水色の振袖の紹介をしたいと思います!

日本の色? 日本の伝統色の青について

皆さん、「日本の色」と聞いて何色を思い浮かべますか?

「赤」と答える人が多いかもしれません。
日の丸や鳥居、紅葉など、日本人に赤は大変馴染み深い色ですよね。
厄除けなどのおめでたい意味もあり、成人式の振袖の色も赤が圧倒的に人気です。

ですが、「日本の色」は実はもう1つあるのです。サッカーファンの方ならすぐに思い浮かぶかもしれません。それが「青」。

日本のサッカーの代表チーム、サムライブルーのユニホームの色である「ジャパンブルー」は、
海外で名前の通り「日本の青」と認識されています。明治時代に日本に渡ったイギリス人化学者が、
「日本の服は藍染の物が多い」と言って、その色(藍色)をジャパンブルーと呼んだのが始まりです。

日本人と生活を共にした色と言っても過言ではない色です。
某世界的なスポーツの祭典のロゴマークに藍色が使われたのも頷けますよね。

また、藍染は染める回数によって違う色味が楽しめます。
藍色は実は48種類もあって、それぞれ名前がついています。
有名どころは「空色」「浅葱」「紺」でしょうか。
振袖の多くは藍染ではありませんが、その青色には藍色の中のどれか一色が当てはまるでしょう。

暖色の人気が高い振袖ですが、
青や水色も日本人にはとても身近で伝統的な色だったと思えば、振袖にふさわしい色に思えてきますよね。

 

高貴な色? 青色・水色のイメージ

 

青は「高貴」「知性」「誠実」。水色は「爽やか」「清潔」「浄化」といったイメージがありますが、
日本の歴史上で青がどのような意味を持つ色だったのかも見ていきましょう。

まずは冠位十二階です。役人の位を12色で表している位階ですが、濃青と薄青は、濃紫と薄紫に続く3位と4位です。
つまり3番目と4番目に偉い役人さんが身に着ける色だったのです。

次に鎌倉時代ですが、この頃の武士の間では戦場で目立ちやすい色が好まれる傾向にあり、勝色という青色が人気でした。

昔から青や水色は高貴であったり、凛としたイメージを持つ色だったのですね。

落ち着いたイメージのお嬢様はもちろんのこと、スポーツをやっていたお嬢様の振袖にもおすすめできる色です。

 

青や水色の振袖について

青の振袖

青の振袖は上品で落ち着いた印象や、クールで凛とした印象を与えることが出来ます。
古典的な柄からモダンなものまでさまざまで、金や銀など、
きらびやかな色を差し色として使うと青色が引き立ち、とてもゴージャスに見えます。

また、暖色も青色ととても相性が良いです。差し色が赤やオレンジなら、
クールな青に太陽のような温かさを与えてくれます。黄色なら月のような、
クールでありながらもどこか優しい印象をプラスしてくれます。

更に、青は多くの日本人の肌の色とも相性が良く、色白にみえるという美白効果まであるのです。

水色の振袖

水色の振袖は爽やかな印象を与えると共に、濃い青色よりも可愛らしい印象を与えてくれます。
しかしピンクよりも可愛くなりすぎないところもポイント。元気でピュアな印象を与えたい場合には最適な振袖です。

種類も少ない部類に入るので他人と被る可能性も低いと言えるでしょう。
人気な上に数も少ないので、水色の振袖が気になったお嬢様は早めに購入やレンタルを考えた方が良いかもしれません。

まとめ

青は世界中で愛されている色です。しかし、深海の様な青から晴れた日の澄んだ空のような水色まで、
こんなにも華やかに青を身に着けることができる服は振袖だけではないでしょうか。

日本の伝統的な色と、伝統文化の合わさった美しい振袖をあなたも着てみませんか。
青色や水色とイメージが重なったお嬢様は、どうぞみやこやへ足を運んでみてください。

**********************

振袖の色選びに悩まれている方はこちらの記事もおすすめです。

「変幻自在の白地の振袖」
「これであなたもお姫様!? 人気No.1の赤地の振袖」
「緑色の振袖の魅力とは!?」
「【黄色い振袖】元気な印象だけじゃない?! その魅力とは」

**********************

みやこやでは引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止対策をしながら営業しております。

お客様の健康と安全を第一に考え、ご来店の際は事前のご連絡をお願いしております。

密を防ぐため、お時間の調整をお願いする場合がございます。予めご了承ください。

>>ウェブから来店予約する[24時間受付中]

>>電話をかける
・足利店 0284-70-6788(年中無休)
・太田店 0276-30-3399(火・水定休)

>>問い合わせから質問する

みやこやは栃木県足利市、佐野市、群馬県太田市、館林市など両毛地区から多くのお客様にお越しいただいております。
成人式の準備や振袖の前撮り撮影に関するお手伝い、着物に関するご相談は、老舗の着物専門店みやこやへお気軽にお声がけください。

**********************